GWはグリーン・ウッド

コミックの連載が91年に終った後でも、「GW」とあると、ゴールデンウィークでもなくゴールドウィンでもなく、「グリーン・ウッド」と読んでしまうくらい、「花とゆめ」(白泉社)で連載されていた「ここはグリーン・ウッド」(那州雪絵 作)が好きで好きで。その「ここはグリーン・ウッド」がテレビドラマ化されてこの夏放送しています。
思わずビックリ!期待半分、不安半分で見ようかどうしようか悩んじゃってましたが、いざ見たら原作をうまく再構成したドラマで安心しました。(たまにテレビドラマって脚本家がまったく別の作品にしてしまうこともありますからね・・・)

都内の進学校である男子校「緑都学園」の寮である「緑林寮」が舞台となってる、高校生の日常(?)を描いたコミックです。このコミック見て、学校の寮に入ろうかと思ったりしたりで、実際に第一志望の高校は寮があったし。←不合格でしたw
でも、入学した高校では、生徒会の役員になったりしたっす(手塚くんのように生徒会長じゃないけど)
少女向けである「花とゆめ」に連載されていた「ここはグリーン・ウッド」ですが、男子寮の生活を描いたこともあって男性読者が多かった。本当に寮住まいの方からネタの提供なんかもリアルタイムであったっす。(少女向けである「花とゆめ」の読者コーナーにも係わらず明らかに男性の投稿もあった)

イケメン二人の先輩に、男装女子にしか見えないルームメイト(オカマではない)、そして不幸を自負するいじめがいのある主人公。男性保健医もいたりと、もお腐女子の方にもおすすめですww キャラ紹介見るとBLの二人もいますからw

そんなわけで、原作を知ってる方もそうでない方も見てみてください。
もうテレビドラマ1話が終ったところが多いと思いますが、コミックの1巻の1話~3話をうまく組み合わせていました。なので必ずしも原作忠実ではないけど、再構成がポイントを押さえてていてグゥーッ

テレビドラマ2話は、コミック4巻にあった布施くんの話し。
他に出演者から想像するに、夏休み(コミック1巻の3話?)、体育祭(浦田くんいるしコミックの3巻?)、文化祭(「魔王の森」を催しとするっぽい?さすがに夕○は著作権がやばい?w ○鶴のままだとw)と、Wikipediaの記載内容を見ると新田美恵子の話しっぽい(コミック2巻と4巻あたり?)です。

文庫タイプのものは↓(上の本文中の巻数はコミックスでの巻数です。)
文庫1巻文庫2巻文庫3巻文庫4巻文庫5巻文庫6巻

ドラマ始まる前にコミック見ていてテレビドラマ1話の前半が見れてないのは内緒w
拍手する


「ここはグリーン・ウッド」の関連記事
最終話のタイトルは、原作コミックの最終話のタイトルだったよね (テレビドラマ第13話感想など)
ヒットエンドラーン!ヒットエンドラーン!とはちゃう (テレビドラマ第11話感想など)
テレビドラマGW次回(第10話)とうとうあれやるみたいっす (テレビドラマ第10話予告編感想など)
テレビドラマでは、1トラック400m超過なの? (テレビドラマ第3話感想など)
テレビドラマの如月瞬に見慣れてきた (テレビドラマ第2話感想など)

原作コミックが連載していた「花とゆめ」の発行元: 白泉社
テレビドラマの公式サイト: ここはグリーン・ウッド ~青春男子寮日誌~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たちばなくみ
2008年07月14日 22:17
こんばんは。初めまして。
ブログにコメントを頂きまして、ありがとうございました。

原作の名を借りただけの、全くの別物にならなくて良かったですよね。
正直見るまではkAiさん同様、期待半分不安半分でした。が、見て安心しました。

3話には体育祭の話が来る様ですね。リレーの解説が楽しみです。


2008年07月18日 01:11
こんばんは。コメントどうもでしたノ
第3話見ました。リレーの解説あったっすよ。ネタバレになりそうなので、そちらのブログでのコメントはちょっと控えました。
記事はそのうち・・・そうしてるうちに次の回になりそうですw

この記事へのトラックバック