手軽に音楽を楽しめる新しい楽器(ツール)

ITmediaでたてつづけに記事になってる、YAMAHAの「TENORI-ON」とKORGの「KAOSSILATOR」。どちらとも、手軽に音楽を奏でれるもの。KAOSSILATORを使ったVOCALOIDが歌うオリジナル曲が発表もあるので、TENORI-ONを使った初音ミクが歌うオリジナル曲の発表もあるかもですね。

04/25に発表となったYAMAHAの「TENORI-ON」は、05/12発売。12万1000円・・・やっぱり高い。
ITmediaの記事は→LEDボタンで弾く“手乗り楽器” ヤマハ「TENORI-ON」発売
スピーカーを内蔵していて、ボタンを押すと音が鳴ってとボタンに内蔵されたLEDが光るもの。
他のMIDI楽器と連動した演奏もできるそうです。で、SDカード経由でサンプリングを再生できるので、初音ミクをサンプリングして「TENORI-ON」で演奏することも可能かも。(でも、初音ミクのソフトの使用としてOKなのか分かりません。)

この「TENORI-ON」、以前NHK BSの「デジタル・スタジアム」(通称デジスタ)に登場(このときはおそらく岩井俊雄さん個人の作品として登場)して、ボタンを押すとボタンのLEDが光り音が鳴る。押すというよリ触れるような感じでも、光って音が出るようで、ギターような弾き方もしていました。
それから、光が隣のボタンに広がったりする(音も?)ので、それとの重なりを演奏できたり、ボタンを長く押すことで、反射させたりループさせたりしてました。

テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)の放送(04/25)で紹介された内容からすると、ほぼデジスタで登場した機能のままみたい。
テレビ東京のアナウンサーがプチプチみたいって言っていたボタンの感じも変わってません。

そして、昨年11月に発売されている「KAOSSILATOR」。実売価格は2万円くらいで、DTM関連としてはお手ごろ価格。
ITmediaの記事は→指でなぞって曲作り “ニコニコ時代”の手のひらシンセ「KAOSSILATOR」
こっちは、すみません私はよくは知らないです。ITmediaの記事に動画もあるので、そっちで見てもらったほうがいいです。マウスパッドみたいなバッドの上で指でなぞることでいろいろできるみたいっす。
この記事は、岡田有花記者と松尾公也さんで書いていて、松尾公也さんのブログにも記事があります。

YouTubeに二つの楽器のデモがアップされてました。こんな↓のです。

ディスプレーのエフェクトとか映像の編集は楽器の機能ではないと思いますが、「TENORI-ON」が光るのは楽器の機能です。「TENORI-ON」は、見せるほうも意識した楽器ですね。

今のクールのNHK BS2の第一金曜日24:00は「ザ☆ネットスター!」で、それ以外の金曜日24:00(土曜日00:00)が「デジタル・スタジアム」。デジスタはアートな側面が強く、ネットスターはものがサブカルチャー中心(ちなみに05/02の特集はMAD)。放送時間をかぶせてるのは、NHKが対比を狙ってるのかな?

二つの楽器の紹介記事を載せているサイト: ITmedia
「TENORI-ON」の発売や初音ミクをはじめとするVOCALOIDを開発した会社: ヤマハ株式会社
「KAOSSILATOR」の発売元: 株式会社コルグ
「デジタル・スタジアム」や「ザ☆ネットスター!」を放送しているNHK(日本放送協会)のサイト: NHKオンライン
ワールドビジネスサテライト(WBS)を放送しているテレビ東京のサイト: TV TOKYO

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年08月21日 14:15
Aw, this was a very good post. Taking the time and actual effort to generate a great article_ but what
can I say_ I put things off a whole lot and never
manage to get nearly anything done.

この記事へのトラックバック