閉館前の東急まちだスターホールに行ってきました

2008年03月31日(月)で28年間の歴史に幕を閉じるプラネタリウムの東急まちだスターホールに行って来ました。
画像

このプラネタリウムはデパートの屋上に設置されたもの。専用施設や屋内でないので、屋外の入り口すぐがもう座席となっています。
よくあるプラネタリウムだと、入り口前にいろいろな展示やグッツ販売などあって、暗順応(目が暗闇になれること)ができるのですが、ここは通路がわずかにある程度で、あんまり暗順応にふさわしくないんじゃないかなって思ってました。

プラネタリウム本体は、五藤光学製。
画像

開館当初は、ミノルタ製だったそうです。ミノルタ製だと、丸い恒星を写し出す部分が中心から離れたダンベルのような形状に。五藤光学製だと、それが真中に集まっています。(上の写真)
ただ、今のプラネタリウムはほぼ球状になっているので、形状からメーカーの判断は難しくなってます。

今回は、せっかくなので生解説の回で見てきました。他の回は、子供向けの回と音楽で過ごす回。
生解説はよく、今晩の星空をもとに解説したり最近のできごとなどを解説したりします。
今回は、オリオン座、おおいぬ座、こいぬ座などの解説、月周回衛星「かぐや」が撮影した月、そして地球から見える月の模様(参考記事: 初音ミク  irohaさん作曲のmoonが好きっす)のこと、宇宙ステーションの実験棟「きぼう」の話、また神戸大学が予測した惑星Xのことなどを解説してました。

生解説のプラネタリウム館が減るのはさびしいですが、また復活することがあれば行きたいっす。

東急まちだスターホールを運営しているプラネタリウムの会社: 株式会社 五藤光学研究所
開館当初に設置されていたプラネタリウムの会社: コニカミノルタホールディングス株式会社 (証券コード: 4902)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック